レンタルサーバーを運用するのであればドメイン選びは重要です!

新規ドメインを育てましょう!

レンタルサーバーの魅力は独自ドメインを運用できるところにあります。ドメインには右端のトップレベルドメインと呼ばれるものがありますが、特にこだわりが無ければどれでも構いません。SEO対策的には独自ドメインを運用している時点で有利になるからです。ドメイン名はサイト名と関連付けた名前を付けるようにしましょう。検索でヒットする可能性がありますからね。ドメインは年数が経てば価値があってきますので自分の分身だと思って大事に育てましょう。

中古ドメインはいきなり集客出来る!?

ドメインの中には中古ドメインと呼ばれるものがあります。中には高額なもので1000万円を超えるようなものも、たまに出てきたりもします。中古ドメインのメリットはSEO対策にずば抜けている点になります。ドメイン自体に力があるのではなく検索エンジンにインデックスされて長い時間が経過している事に意味があります。しかし、デメリットもあります。売却前にスパム認定されている可能性があるという事です。万が一スパム認定されているドメインであれば、サイトを検索してもヒットしない可能性が出てきてしまいます。

日本語ドメインってどうなの?

近年はやりだした日本語ドメインですが、日本国内のみにしか通用しないというデメリットがあります。海外のユーザーを度外視した集客に専念しなければなりません。ですのでサイトそのものでビジネスを行うのではなく、企業のホームページやお店の紹介ページ向きと言えます。個人で日本語ドメインを取得するメリットは、ほぼ無いと言えるでしょう。ただアルファベットの小文字の中に日本語が含まれていればインパクトはありますよね。

レンタルサーバーとは、ホームページを保管する場所のことで、インターネットに情報を発信するサーバーをレンタルできるサービスのことです。