知らなかったではすまされない!SNSで気を付けたいプライバシー

書き込むときに気を付ける事

SNSを使って、今何をしているのか、何処に居るのかなど簡単に情報をアップする事が出来るようになった反面、個人のプライバシーが簡単に知らない人に漏れてしまうというリスクもあります。ですので、情報をネット上にアップする際には、個人個人が気を付けて投稿をしなくてはいけないのですが、あなたはプライバシーを守ってアップをしていますか。まず、何よりも大切なのが個人が特定出来ないようにアップするという事です。たとえ友人にしか公開していないとしても、何処で情報が漏れるか解らないんですよ。

どうしてもアップする際には事前に了承を得る

今、飲食店に居る情報をどうしてもSNSにアップするという時には、一度一緒に居る友人たちに許可を取ってからアップするようにしましょう。中には、あまり情報をあげられる事に対して快く思っていない人もいるかもしれません。黙ってアップしてしまいますと、それらの人との関係が悪くなってしまう可能性だってあるんです。また、どうしても事情があって、今この場に居る事を知られたくない人もいるかもしれません。あなたの行動一つで、相手の気持ちを踏みにじる事もあるんですよ。

アップする前に確認をしよう

SNSに書き込みをする際には、アップする前に一度確認をしましょう。この投稿を読む人は主に誰なのか、また、検索をされたりしたら、誰に見られる可能性があるのかなどをきちんと考えた上で投稿をして下さい。全体公開にしている場合は、万が一先生など、思いもよらない人がチェックをしている可能性があるんですよ。SNSは確かに便利なサービスではありますが、使い方一つで個人のプライバシーを簡単に漏らすことが出来る、恐ろしいツールであることも理解しておきましょう。

シュレッダーにかけるものは、誰かに見られ悪用されないようにする内容のものです。例えば個人、企業の情報yなどが書かれたものなどです。