ネット社会における風評被害対策についてまとめました

会社としての対策について

会社が扱っている商品やサービスにクレームが入るのはある程度は仕方がない事ですが、事実無根の事で中傷されたり、根も葉もない噂を立てられるのは経営に影響を与えかめません。そうならないためにも、ホームページやパンフレットに警告文を記載しておくのは非常に縦横と言えます。そもそも風評被害が経つのは特定の人物の悪意が原因であり、SNSを通じて全くの他人が面白おかしく便乗するのが原因です。便乗犯にも損害賠償請求をする旨の警告をするのも忘れないようにしましょう。

個人が攻撃されたときの多作について

個人が被害を受ける場合は、事件などが起こった時に犯人と勘違いされたり、家族に間違わられる事も少なくはありません。一度拡散してしまったデマは収取が付かなくなります。下手をしたらマスコミにも報道されかねません。万が一その様な事態に陥ったらひたすら無視をしましょう。SNSに投稿して否定するような真似は絶対にいてはいけません。火に油を注ぐ様なものです。しっかりと風評被害の証拠を集めて時期が来ればしかるべき対応をしましょう。

犯人特定の重要性について

風評被害対策で一番効き目のある手段は、一度被害に会えば徹底的に犯人を追い込むという事です。一度そこまですれば二度と被害に会う事は無いでしょう。被害に会った時に、まず最初にする事は犯人捜しです。弁護士に依頼して訴訟を起こしましょう。裁判所から訴状が出れば、ネットの運営者側は書き込んだIDを開示しなければなりません。これで最初の犯人が特定できます。ついでに便乗犯も特定し慰謝料を請求しましょう。反省の悪露が無ければ刑事訴訟も検討するように準備はしておきましょう。

インターネットが普及した今日、企業にとって風評被害対策は非常に重要になってきています。誹謗中傷などの書き込みの監視、削除依頼、IP調査など、総合的なコンサルティングを行っている業者に依頼しましょう。